目に見えている身体と、感じている身体

 

20年ほど前の、ロルフィングのトレーニングコースでのこと。

マッサージテーブルに横になっている僕の足を、講師のトーマスが軽く持ちました。

僕は、脚全体が内側に回旋するのを感じ、脚を内側に回しているのだなと思っていました。

 

ただ、何かが違う感じでした。

奥の方から始まり、普段は動かせなかったところから回っているような感覚です。

 

そこで、どのようにしているのかなと興味を持ち、頭を起こして見てみました。

そこにあったのは、特に内に回すこともなく、はじめと同じ位置にある脚を、静かに触れている彼の姿でした。

 

目で見る形としての脚は、先程と同じ位置にあり、変化していないように見える。

でも、体験している脚は、内側に回り続けている。

 

そのギャップに、とても驚いたのを覚えています。

そして、その後の脚は、いつになく良い調子でした。

 

目で見ている身体や、感じ慣れている身体とは違う何かがあること。

それを感じたり、扱ったりすることができること。

それが、より良い変化を助けてくれること。

 

それを実感できたことに、大きな喜びを感じました。

どうしても変わってくれないと思っていた身体にも、まだ変化する余地があると感じられたからです。

 

どの感覚に注目しているのかで、違いが生まれます。

いつもとは違う感覚に出会えることには、とても大きな意味があります。

 

ロルフィングを受けられている方は、程度の差はあれ、同様の体験をされていきます。

感覚が変わったり、別のイメージが浮かんだ後には、姿勢や動き方が変化することが感じられます。

目に見えている形としての身体を、外からの力で変えようという方法以外にも、手はあるのです。

 

これまで注意を払っていなかったので、存在を知らず、使っていなかった機能。

それに気づいていく練習を、ロルフィングのセッションでは繰り返しています。

それが、身体をより良い状態へと変化するのを助けてくれます。

 

その結果として、感じていることを大事にする習慣も、手にされていくでしょう。

あるいは、感じることを大切にしていなかったことに、気づかれるのかもしれません。

 

そんなところもまた、ロルフィングの面白さだと思います。

 

ここも動くところ

 

「ここも動くところだったのか」

新しい動きが感じられた時に、よくお聞きする感想です。

 

その箇所は動かない。

なぜか、そう思っていたことも分かってきます。

その思いも、無自覚の習慣と言えますね。

 

動かないと思っていたところが、ほんの少しだけでも、動くところに変わる。

それは、とても大きな違いを生み出してくれます。

 

その、ほんの少し、新しい動きを感じられるような練習を、ロルフィングのセッションでは大切にしています。

長い目でみると、その影響力は「ほんの少し」ではないからです。

 

ある部分が上手く機能しないことにより、他の様々な箇所にも大きな負担がかかっています。

慣れていると、気づかないことが多いですが。

 

新しく動くところが現れる。

すると、その部分の不具合を補うために必要だった他の箇所にある緊張が、少し緩んでいきます。

それが、別の部分の緊張を和らげ、それが次のと続きます。

 

ある一つの条件が変わるだけでも、身体には、とても大きな影響があります。

身体は、全体で一つのものとして機能するからです。

 

「とても良い感じ」

動いてなかったところが動くようになった時に、よくお聞きする、もう一つの代表的な感想です。

そんな感覚を味わいながら、日々を過ごせると良いですね。

 

広さをみる、感じる

 

視線を遮るものが無く、遠くまで見えるような場所にいる時。

身体にも、心にも、広がりを感じることでしょう。

 

狭いところで、近くを見続けている時。

窮屈さを感じていることに気づくのではないでしょうか。

 

心身にとって、大きな違いが生まれています。

 

時々、広い場所に出かけてみる。

または、休憩時間に、広さを感じられる瞬間を持ってみる。

 

そうやって、ひと息ついてみる機会を作ってみること。

シンプルですが、心身のリセットにかなり有効だと思います。

 

そして、深い呼吸ができる時。

良い姿勢で歩けている時。

または、気分が晴れやかな時。

 

そういう時は、心の中にも広々とした景色がみえている。

広大な景色の中にいる心地良さを感じられている。

そんなことが、分かってくるかもしれません。

 

心の中で、広々とした景色をみてみること。

広大さを感じたり、その心地良さを思い出してみること。

 

それを練習してみるのも、おすすめの方法です。

慣れてくると、心身が心地良く変化するのを感じられると思います。

 

イメージの中だけの動き

 

身体を、実際に動かそうとしない。

むしろ、動かないように気をつける。

 

そして、イメージの中で、動いてみる。

動くイメージを浮かべる。

動きの可能性を感じてみる。

 

ロルフィングのセッションでは、こんな言葉を使いながら、いつもとは違う身体の動きを引き出す練習をします。

 

動かそうとする思いを鎮めること。

そして動きをイメージすること。

 

それが上手くいくと、姿勢や、呼吸、動き方に大きな変化を感じられます。

初めのうちは、驚かれる方も多いです。

僕自身も、そうでした。

 

習慣化した、身体の動き方を、抑えること。

反射的に動かないこと。

その中に、大きな違いを生む力があります。

 

普段、いかに無自覚に、慣れた動きを繰り返しているのか。

それにより、どれだけ自然な動きを制限しているのか。

そこに気づくことが大切だと思います。

 

そのためには、正しく動こうとするのではなく、まずは、自分のこれまでのやり方を、脇に置いてみる。

そんな意識を持ってみることが必要になります。

 

いつものように動かない。

動かさない。

正しい動きを探さない。

 

すると、そこに広がっている、新たな可能性が見えてくるのではないでしょうか。

おそらく、予想しなかった、新しい感覚ではないかと思います。

何よりも、楽だと感じることでしょう。

 

窮屈な自分のやり方から離れてみる。

その時、とても大きな解放感が広がるのです。

 

思い出すという習慣

 

「ロルフィングのセッションで得た良い感覚や、落ち着いた在り方を保つためには、どうしたら良いか」

よく尋ねられる質問のうちの一つです。

 

繰り返し、思い出してみること。

シンプルですが、まずは、そこからスタートするのが良いと思います。

 

初めのうちは、これがなかなか難しいのです。

思い出すことを、忘れてしまうのですね。

 

「日常の中で、セッションで感じたような感覚や在り方に、目を向けてみよう」

そう思っていても、忘れてしまう。

よくあることなのです。

 

日々の生活は忙しいですね。

そして、これまでの、さまざまなことを考える習慣もあります。

何気なく、何かを考えてしまうのです。

 

忘れていたら、思い出してみる。

思い出すことを、覚えている時間を増やしてみる。

そんな練習を繰り返す必要があります。

 

すると、ある時、以前よりも、思い出そうと思えるようになっているのが分かってきます。

習慣が変わってきた証拠です。

 

良い感覚が思い出せなくても、問題ありません。

思っているような、落ち着いた在り方がなくても大丈夫です。

 

思い出してみようと、思えるように変化したこと。

そのような習慣がついてきたこと。

これが、すでに、大きな変化だからです。

 

まずは、セッションで感じた感覚、在り方を思い出してみよう、と思ってみること。

そのような時間を、ほんの少しでも過ごしてみること。

そんな小さな繰り返しが、より良い変化が続いていくための、大きな助けになります。

 

何についても同じですね。

何に意識を向けているのかが、結果に反映されていくのです。

 

落ち着いて、動く

 

落ち着いて、動く。

これは、なかなか難しいことだと思います。

そうしようと思うことと、そうできることは同じではありません。

 

まずは、落ち着いてみる。

それから、動いてみる。

 

そんなひと手間をかけることを、ロルフィングのセッションでは繰り返し練習しています。

それが、本来の自然な動きや、楽な姿勢を得るための、とても大切な要素となるからです。

 

そのつもりなく、落ち着いていない状態にある。

まずは、そのことに気づくのが入り口となります。

 

穏やかに、自分を観察し始めてみましょう。

すると、これまでは無自覚だった緊張感や、動き方の癖が、少しずつですが、みえてくるようになります。

 

すでに、心身には、さまざまなことが起きていたのだと、気づくことができるでしょう。

それを、リセットするために、落ち着いてみる、というひと手間をかけるのです。

 

落ち着くための方法は、色々あります。

例えば、身体を楽にしようと思ってみる。

身体の重さを感じてみる。

身体の内側にある空間、広さを感じてみる、など。

 

また、心を静かにしてみる。

頭を静かにしてみる。

穏やかな気分になってみる、なども良いでしょう。

 

いずれも、ゆっくり、間をとるようにするのが大事です。

 

ロルフィングのセッションは、色々な方法を組み合わせながら、心身が落ち着いてくるかどうかを観察しつつ、進めています。

心身の緊張感が和らぐのを促しているのです。

 

そして、上手く落ち着いてきたら、それをお伝えし、実際に立ったり、動いたりして、どのように変化したのかを確認してもらいます。

落ち着いてくると、それまでは落ち着いていなかったということが理解できます。

 

そして、新しい何かに、気づき始めることでしょう。

落ち着いた自分には、違いが分かるのです。

 

落ち着いて、動く。

その時の感覚を、ぜひ楽しんでみて下さい。

 

18年目

 

「この仕事は、飽きることがないから」

アメリカでロルフィングを学んでいる時に、長いキャリアを持つロルファーが話してくれたことです。

 

彼の言葉に、心から同意します。

 

小さい頃から、飽き性の自分を心配していました。

スポーツや、楽器、仕事など、数年やっては、別のことを始めての繰り返し。

一つのことを継続する力がないのだなと、半分諦めていました。

 

この3月で、開業18年目に入りました。

ロルフィングに、飽きること、退屈することなどありません。

そんな心配していた頃もあったなと、ふと振り返ってみて、思い出すくらいです。

 

毎回、新しい発見や気づきがあります。

今日は何を感じられるのかな、と楽しみにしている自分がいます。

 

少しずつ、できなかったことが、できるようになっていく喜びがあります。

以前は分からなかったことが、みえてくる嬉しさがあります。

 

「面白い」

「不思議」

 

来てくださる方々が、セッション時に、よく言われる言葉です。

 

「こんな少しのことで、身体が変わるのですか」

「こんな風に考えてみたことは無かったな」

 

「これで変わってるのですか」

「違いは分かるけど、言葉では説明できない」

 

このような感想を口にしながら、セッションを楽しんで下さる方が多いです。

 

僕自身が感じている面白さ、楽しさ、不思議さを共有できる機会が頂けていることについて、感謝しながらの毎日です。

 

心身の深いところから、不安や緊張感が和らいでいくこと。

そして、自分の可能性に気づき、安らぎや穏やかな喜びのような感覚が広がること。

 

それらが、落ち着いて、心地よく過ごせるような心身へと、変わっていく力となってくれるのだと思います。

そんな機会を、これからも皆さんと持てることを願って。

 

これまで来て下さった多くの方々、ありがとうございました。

そして、18年目も、よろしくお願いします。

 

穏やかさの広がり

 

穏やかな感覚に気づきながら、身体に目を向けてみる。

すると、穏やかさが、目を向けたところにも広がっているように感じられます。

 

その時、ロルファー側からも、受け手の方の身体が、変化していくのを感じられます。

緊張がゆるんでいく感覚が広がるのです。

 

もちろん、姿勢も変わります。

呼吸も深くなります。

 

ロルフィングのセッションでは、その変化を感じられるように、繰り返し練習してみます。

そのうち、どんな感覚のとき、どんな状態になっているのか、だんだんと違いが分かってくるのです。

 

そして、自分の状態を、自分で変えることもできるようになります。

穏やかさや落ち着きを、選択できるようになるのですね。

それは、日々を生きる上で、とても大きなことではないかと思うのです。

 

足と呼吸の関わり

 

「呼吸が楽になった」

ロルフィングのセッションで、足・足首に働きかけた後に、お聞きすることが多い感想の一つです。

先日も、数名の方から同じようなコメントが続きました。

 

地に足が着き、安定した時には、身体全体のバランスや機能が変化します。

呼吸も、もちろん変化します。

 

身体が全体で一つのものとして機能すること。

多くの方が、ご存知のことだろうと思います。

 

ただ、実際にそれを感じてみることには、また違った意味があります。

腑におちる、という言葉が当てはまるでしょうか。

 

「足(足首、脛)は、呼吸に大きく影響を与える」

僕がロルフィングを学んだ講師は、そう言っていました。

ロルフィングでは、足の機能をとても重視しています。

 

安定した足で立つ時、呼吸が変わるのを実感してみて下さい。

深い呼吸には、下半身の働きも必要だと、感じられるでしょう。

 

そこで、「足」や「呼吸」という言葉の持つ意味が、違ったものになることと思います。

それもまた、変化にとって大切なことです。

 

息が楽になる。

肩の力を抜いていられる。

それらの感覚を、一度でも、実際に身体で感じてみることには、とても大きな意味があります。

 

呼吸が楽にできない。

深呼吸が上手くできない。

そう悩まれている方。

 

足からのアプローチもあると知り、トライしてみて下さい。

これまでとは違う変化や、気づきがあると思います。

 

その時、上半身の使い方の問題だけではなかったのだと、少し楽な気持ちも生まれてくるのではないでしょうか。

そんな気持ちもまた、ほっと息をつく助けとなってくれるはずです。

 

広大さの感覚

 

山や海のような、広く眺めの良いところ。

そういった場所では、気持ちが晴れやかになり、広々とした感覚を感じられることが多いと思います。

 

そんな時、身体にも変化が起きます。

呼吸が深くなったり、身体が伸びたり。

だからこそ、気分が良くなるとも言えるでしょう。

 

ということは、普段は、晴れやかではない気分や、浅い呼吸や、収縮した身体の状態にある可能性がありそうですね。

無自覚ではありますが。

そして、その感覚が普通だと感じ、慣れている方が多いのではないかと思います。

 

ロルフィングのセッションの中で、解放感を味わえそうな景色や場所をイメージしてもらうことがあります。

上手くイメージできる時、身体が変化します。

そして、その変化は、ロルファー側からもすぐに感じることができます。

 

緊張が強かったり、コンディションが良くない場合は、上手くイメージができません。

逆に、身体には緊張感が増し、固くなったりします。

そういう状態にあるわけです。

 

セッションが進み、心身が落ち着いてくると、そのイメージが楽に浮かんでくるのが感じられてきます。

そのような身体の状態に変化してきたと言えますね。

その時、心身の感覚に目を向けてみると、呼吸が楽にできていることや、気持ちが落ち着いていることが分かるでしょう。

 

セッションを継続されている多くの方が、そのようにして、身体の緊張を和らげることができるようになっています。

そんなことができると思えず、半信半疑でスタートされた方が多いと思いますが。

 

こんなことで身体が変わるのですね

皆さん共通の感想です。

繰り返し練習し、身体が慣れてくると、どなたでも可能になると思います。

 

広い場所や眺めの良いところで身体を感じてみること。

あるいは、気持ちが晴れるような場所を思い出し、その感覚を体感してみること。

どちらにも、広大さの感覚を思い出し、身体に変化を促す力があります。

 

自分の身体を整えるための、問いかけの一つにしてみてください。

やった分だけ、上手になります。