目盛りの小さな物差しを手にする

 

これまでは感覚のうちに入ってなかった感覚に気付くこと。

ロルフィングセッションでは、これを練習していきます。

それが、健康に生きていくことや、動きの改善に大きく役立つからです。

 

「痛みがあるか無いか」を例に、考えてみましょう。

 

痛みは、感覚として分かりやすいので、そこに問題があると認識できます。

反対に、痛みがない部分は、問題がないと思いがちです。

痛みを感じない時は、身体に注意を払わないことが多いのではないでしょうか。

 

しかしながら、同じ「痛みが無い」場合でも色々な可能性があります。

例えば「とても調子が良く」痛みがない場合と、「なんとなく調子が悪いけど」痛みがない場合。

 

「痛みが有るか無いか」だけで判断すると、痛みがないから問題ないと言えます。

でも、これらは同じコンディションではないですね。

 

なんとなく調子が悪い時は、痛みが出る状態に限りなく近い「痛くない」かもしれません。

もし、それに気づいたならば、無理をしないで休む選択もできるのです。

それにより、体調を崩すことを回避できるとしたら、体調管理という点で、とても大きな意味がありますね。

 

また、動作の改善という視点でも考えてみましょう。

 

やり慣れたことは、普段の慣れた感覚で、いつものように繰り返していることが多いと思います。

いつもと同じように見えるのです。

 

だから、そこに何か新しい動きが現れていても気づきにくいのです。

本当は、姿勢や歩き方が変わっていても、それは目に映りません。

 

一見いつもと同じ動きの中にある、これまでは感じられてなかった感覚に気づくこと。

それができると、新しい動き方のイメージが浮かんだり、無意識に力を入れていたことに気づいたりします。

情報量が増えてくることで、選択肢が増え、可能性が大きく広がります。

 

このような理由から、これまでは感じられてなかった感覚に気づくことには、大きな意味があるのです。

そして、そうなるには、これまでとは違う目盛りの物差しを持つ必要があります。

 

心身ともに落ち着いた状態で、身体に注意を向けてみる。

すると、かすかに、いつもとは違う何かが感じられます。

ロルフィングのセッションでは、そうやって、目盛りの小さな物差しを手にする練習をしています。

 

自分の物差しで測ることができる感覚を探すかわりに、物差しの目盛りを小さくしてみる。

すると、すでに起きていた変化が見えてきます。

そこに、変わっていくための大きなヒントがあります。