腰痛は、現代人が抱える大きな問題の一つですね。

ロルフィングセッションに来て下さる方の多くは、腰痛に悩んでいたり、その経験があります。

もちろん、僕にもその経験はあり、ロルフィングを学び、この仕事をするようになった大きなきっかけの一つにもなっています。

自分の経験からも、お会いしてきた多くの方々とのセッションからも、腰痛には改善される余地がたくさんあると考えています。

あきらめる前に、見直してみるところが、まだまだ残っているからです。

これまで知らなかったやり方があり、試してみる価値は十分にあります。

 

腰痛になるまでには、さまざまな理由があったと考えられます。

例えば、足首の捻挫や、膝痛をかばうため、腰に必要以上に力を入れないと姿勢を保てなかった。

または、呼吸が浅く、肩に力が入っていた。

あるいは、良い姿勢にしようと胸を張ったり、骨盤を立てようと努力することが、背筋や腹筋を固くしてしまった、など。

いずれにしても、腰だけの問題ではないと言えるでしょう。

 

ですから、腰痛の改善には、体全体のバランスを整え、腰痛が起きにくくなる条件を揃えていくことが効果的です。

つまり、「腰だけに負担が掛からないような身体・習慣を手にすること」を考えるのです。

そういう視点になれば、まだまだやってみることが沢山残っているのが分かってきます。

身体のどの部分が良くなっても、腰の負担が減り、腰の改善につながる。

この視点は、とても大切です。

だから、できることを一つづつ積み重ねていけば大丈夫だと、思えるようになります。

例えば、少し呼吸が深くなること。

足首を上手く使えるようになること。

顎の緊張が和らぐこと、など。

どれも、僕らが思っているよりずっと、腰痛に大きな違いをもたらしてくれます。

 

ロルフィングセッションでは、身体全体の筋膜のバランスを整えることと、望ましくない動きの癖や習慣を手放す練習をします。

その結果、偏らず、まんべんなく身体が動くようになることで、腰痛が変わっていきます。

腰痛に限らず、膝痛、肩凝りも同じ仕組みです。

身体全体のバランスが良くなると、部分の問題も良くなっていく。

それを実感することで、「まだ試してみることがあった」「やり方次第で、変わることができそうだ」とご自分の可能性に気付いて頂きたいな。

そう思っています。

 

腰痛への視点

You May Also Like