プロフィール

□1973年生まれ。 
立命館大学国際関係学部卒業。

□卒業後1年間アジア・ヨーロッパを旅行。
帰国後、整体院で4年半勤務。

□アメリカ・コロラド州ボルダーにあるロルフ研究所
(The Rolf Institute)でロルフィングを学び、 2004年、正式にロルファー™として認定される。

□2007年、オーストラリア・シドニーで ロルフ・ムーヴメント™認定コースを修了。

□クレニオセイクラル(頭蓋仙骨)ワーク、 ソースポイントセラピー(SourcePoint Therapy®)プラクティショナー

□妻、2人の子供の4人家族

忍 英彦

(Shinobi Hidehiko)

◆公認ロルファー™(Certfied Rolfer™)
◆ロルフ・ムーブメント™・プラクティショナー(Rolf・Movement™ Practitioner)

ロルフィングに出会うまで

思うように動かないし、慢性的な痛みのある身体。力を抜いた方が良いと知っているのに、どうやっていいか分からない。深呼吸しようとすると、余計苦しくなる。

立つ、座る、歩くというだけのことが、楽にできずに悩む。正しい姿勢になりたいのにできない。やればやるほど疲れてうまくいかない。

また、人と一緒にいると緊張してしまい、楽にいられない。力が入ってしまう。

自分の性格や思いぐせが嫌で、努力しても変わらず、やっぱり自分は駄目なんだと落ち込む。

長い間、僕はそのような悩みを抱えて生きてきました。心身の緊張感、自分への否定的な思い、生きづらさが変わらないことに、半ば諦めを感じながらも、なんとかならないかと願っていました。

大学卒業後は、自分をなんとかしたい、という思いから、アジア、ヨーロッパを一年間旅しました。

場所を変えて、違うものを目にして、何か変わってくれないか、生き方の答えのようなものが見つかってくれないか、という期待を持ちながら。

実際に行動できたことで、色々な気づきがありましたが、中でも大きかったのは、働く意味を自分なりに納得できたことでした。

旅先では、多くの親切や思いやりに触れ、人に感謝することがたくさんありました。そんな時、周りの旅仲間たちは、料理や絵や音楽など、それぞれが得意なことでお返しをするのです。

その時に痛感しました。自分には感謝を表現する方法が何もない、と。

そして、そのような思いを表現する方法として、人は働くのかもしれない、という考えが、腑に落ちたのを覚えています。

だったら、働けるし、働きたい、と思いました。

同時に、これまで生きてきた中で、多くのものを受け取っていたことにも気付きました。

ロルフィングとの出会い

そこから、これまで受けてきた思いやりや優しさを、自分のところで止めるのではなく、循環させていくような生き方ができないか、と考え始めました。

そして、自分が大事にする思いを表現するための仕事をしたい、と思うようになります。

そんな思いで帰国した後、整体院で4年半勤めました。身体の形、筋肉や骨のバランスが変わると、色々な症状も変わっていくのを目の当たりにしながら、さまざまな本を読んで過ごしました。

そうして知識が増えるにつれ、思うように動いてくれない自分の身体への苛立ちも増え、同時に、痛みや違和感に悩むことも増えていきました。

自分なりに必死に努力しましたが、上手くいかず、落ち込み、自分には何が向いているのか、どう生きていきたいのか、改めて考え直していくことになります。

退職後、ニュージーランドのオーガニックファームや、日本の自然農に触れる中で、農的生活に惹かれ、その可能性を探った時期もありました。

この時、生きているものに直接触れ、生命という不思議なものを考える機会を持てたことが、頭でっかちで生きてきた僕には貴重な経験だったのだと、今改めて思います。

また、心の葛藤をなんとかしたいと、瞑想コースに参加していたのも、この時期のことです。

ずっと付きまとってきた落ち着きのない心、不安感、自分に対する否定的な思いを、なんとか変えて楽になりたいという願いからの行動でした。

この辺りから、心と身体のつながりを、より実感していったのを覚えています。

そんな中でも、自分の心身の変化を実感できたロルフィングでの体験は、特に大きな意味を持つものとなります。

初回の後、どんなに頑張っても出来なかったはずの、楽に立つことが出来たのを感じられました。

どこかがゆるんで、息をするのが楽になり、気持ちも穏やかになっているのに気付きました。

どんなに一生懸命考え、努力しても出来なかったことが、ほんの少しの時間で、ほんの少しのはたらきかけで、簡単に変わってしまうこともあるのだ、と驚かされたのです。

その時、それまでの経験を通して考えてきたことと、自分の求めていることとを繋ぐ何かが、この感覚の中にある、そんな気がしたことを記憶しています。

心に浮かんだ言葉は、なぜか "やっぱり" という言葉でした。

自分の努力の足りなさや、駄目さだけが問題ではないと、どこかで分かっていた自分の中の声だったように思います。

身体が入り口、手がかりとなって、変わる可能性があるのかもしれない。

今は見えていない、本来の自分の存在が、感じられるかもしれない。

そして、どうしようもないと諦めていた自分が変わり、生きやすくなるかもしれない。

ロルフィングに対する思い

その、かすかな光のような思いを頼りに、アメリカのコロラド州ボルダーでの、ロルファー養成トレーニングコースに参加し、現在は、学生時代を過ごし、なじみのあった関西・京都で、ロルファーとして働いています。

人には健康になる力がある。自然体で、伸びやかに、穏やかに生きることができる。いつでも変わっていける。それが分かってきました。

自分を振り返って、ずいぶん変わったなと思います。

変わってみて、これまで、いかに自分にとって慣れた感覚、当たり前だと信じていた考えに振り回され、苦しんできたのかが分かります。

これまでのさまざまな経験と、ロルファーとして過ごしてきた体験を、現時点での自分なりの言葉と感覚でまとめ、皆さんにお伝えし、共有できるのはとても嬉しいことです。

お伝えしたいのは、もし過去の自分が知っていたら、救いになっただろう、もう少し生きやすくなっただろう、と思う内容であり、長い間悩んできたことへの、現時点での自分なりの答えでもあります。

どうしようもないと思い込み、心身を固くして、身構えて生きていた過去の自分に、"大丈夫、手はあるから" と伝えたいような思いが、そこにあるように感じます。

ほんの少し、身体の感覚に目を向け、問いかけ、自分自身とのコミュニケーション方法を変えることだけで、人は大きく変わり始める。

穏やかに、少しづつ進んでいくと、本来の健康を手にしていくことができる。

それを、ご一緒に感じながら、変化に気付いていきましょう。

少なくとも、今の皆さんに馴染みのある身体の状態、こんな性格だと思っている内容とは違う可能性があることは確かです。本来は、もっと楽で、優しく、穏やかで…

落ち着いて、自然体でいる時、私達は、本来持っている優しさ、思いやりを素直に表現し、自分にも周りにも優しくなっていくでしょう。

そんな人が増え、生きやすい社会に、世の中になって欲しいという思いがあります。

私達一人ひとりが、長い間抱えてきた、身体を緊張させる心身の習慣から自由になり、自分らしく幸せに生きること。

それは、自分自身の幸せだけでなく、周りの人たち、そして世の中全体の幸せにとって一番大切なことではないかと思います。

もっと楽に、自然体で生き、新しい可能性を感じながら、自分にも周りにも良い生き方をしたい。

そんな思いを持つ方々とお会いし、幸せに生きるための、お手伝いができることを、楽しみにしています。